60代からの太陽光発電設置ガイド

太陽光発電は、定年退職後のシニア世代におすすめ

太陽光発電がどんどん普及しています。

 

確かに、街を歩けば、あっちの屋根にも、こっちの屋根にも太陽光発電が。太陽光発電システムを搭載した住宅は、すでに10万棟を超えています。

 

このように、ますます身近になってきた太陽光発電。

 

普及の理由は、やはり、経済的なメリットが大きいところです。トップの実績を誇る大手住宅メーカ―によると、太陽光発電利用する家庭の、七割以上が光熱費収支プラスになっているとか。

 

特に、シニア世代の家庭では、光熱費がプラスになる割合が極めて高いです。日常生活で使う電気の量が少ないので、余剰電力の買取制度によって、毎月の光熱費がプラスになるケースが多いためです。

 

また、節電意識の高い人が多いのも特徴です。

 

資源エネルギー庁の試算では設置費用は、十年間で回収できるようになっているそうです。
これなら、退職金で設置しても、十分もとがとれますね。